Passive-Design Technical
Forumが目指すもの

適切なパッシブデザインを普及させるためのあらゆる活動を行う。

まず重要になるのは「適切なパッシブデザイン」の定義です。
パッシブデザインが目指すのは「質の高い室内環境と省エネルギー」。
その具体的な目標を設定し、目標達成のための手法を見出す作業において
客観的で科学的な視点が不可欠です。
このあたりは『パッシブデザイン講義』にて定義していますが、それはあくまで現時点における定義であり、これをひとつの土台として、多くの研究者や実践者によってその内容を進化させていくべきだと考えます。
このフォーラムに参加する実践者と研究者、このフォーラムに参加する実践者同志などが議論を戦わせ、「適切なパッシブデザイン」が進化を遂げていくような様々な機会を設けていきます。

次に重要になるのが、パッシブデザインの「普及」です。
効果的に普及させるための方法について、科学的に、マーケティング論やコミュニケーション論の視点を持って提案を行い、コミュニケーションを図るなかで進化を遂げていきたいと考えます。

Passive-Design Technical Forumという組織名において“Technical”という単語を使っているのは、以上の2つの意味が理由です。
言うまでもなくパッシブデザインは、その建築を使う人、携わる人、そして地域や地球においても大きな“善きもの”を提供します。

このフォーラムが主催するイベントに参加し、フォーラムからの呼びかけや投げかけに反応し、一緒にForward to 1985 energy lifeが目指す「小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まい」を増やしていただくことを願います。

Passive-Design Technical Forum 代表

野池政宏

フォーラム概要

組織名称
Passive-Design Technical Forum
運営団体
一般社団法人Forward to 1985 energy life
事業内容
  • 消費者・業界への啓蒙活動によるパッシブデザインの認知・採用の促進
  • 住宅、施設建築、街づくりの実践におけるパッシブデザインの導入提案
  • パッシブデザインに関するセミナー、研究会の企画及び主催
  • パッシブデザインの研究及び情報の提供
  • パッシブデザインに関する書籍及びソフトウェアの企画、制作及び販売
  • その他、当法人の目的を達成するために必要な事業
所在地・連絡先
〒563-0024
大阪府池田市鉢塚2-5-26 LOFT10 2F
Tel:072-763-4770
((一社)Forward to 1985 energy life内)
受付時間:10:00~17:00(土日祝日除く)
代表者
フォーラム代表 野池 政宏
フォーラム副代表 辻裕介